池袋で脱毛★6サイト徹底リサーチ

top > 池袋の脱毛サロン情報 > 池袋の脱毛予約前にしていいのは毛抜きではなくシェービングだけ

池袋の脱毛予約前にしていいのは毛抜きではなくシェービングだけ

 池袋の脱毛での脱毛予約を入れたらその前に、施術を受ける部位のムダ毛処理をして行くのは会員としてのお約束です。
これまでの自分の経験で処理をすると誤ることがあるので、どの処理ならOKでその処理はしてはいけないかを理解しておきます。
結論から言うとやってはいけないのは抜く処理であり、やっていいのは剃る処理です。
今までだったらセルフで処理する際には、毛抜きで抜いたりワックスで一気に抜くことを習慣にしていた人も、脱毛サロン前にはそうした毛を抜く処理はしてはいけません。
やって大丈夫なのは剃る処理になりますので、カミソリやシェーバーを利用してのシェービングが正解です。
もしもムダ毛を抜いてしまうと脱毛器で照射をしても、光がきちんと毛の根っこに反応できません。
つまり毛を抜いてしまったら反応をする対象がないので、いくらやっても毛に効果がないということです。


 6月くらいから日差しが気になると感じる女子は多いですが、池袋の脱毛サロンへ通い始めたら初夏からだけではなく、年間を通して日差しから肌を守ります。
まだ6月くらいは梅雨の季節ですから、空も曇りの日や雨の日が多いため油断をしやすいものの、紫外線は真夏を目指して着実に強くなっているので、梅雨の時期にも紫外線対策は必須です。
梅雨時期だからとUVカット対策をしないと肌は日焼けをするので、脱毛の効果を落としやすくなりますし、レベルによってはお手入れを見送ることもあります。
まだシーズン的にそこまでの日焼けはないにしても、紫外線は降り注いでいることを忘れてはいけません。
どちらかというと5月のほうが日差しの強さを感じますが、本当は3月から紫外線は強烈になっていますので、脱毛効果を下げないためにもUV対策は必須です。


 ほぼすべての女子はムダ毛のことを気にしているので脱毛に関心を持ちますが、エステサロンへの申し込みを躊躇する理由として、勧誘を受けるかもしれない不安があるためです。
気の強い口の達者な女子だったら何倍にもして言い返せても、気の弱い人やしゃべるのが苦手な人はひとたまりもありません。
しかし現代のエステサロンで強引な勧誘をするサロンはほとんどなく、もしもそんなことをしたら、すぐに利用者がソーシャルネットワークを利用して拡販してしまいます。
だからサロン側もかなり慎重ですし、そもそも強引な勧誘をする脱毛サロンもほぼありません。
昔はまだエステサロンのような美容業界の法律が緩かったこともありますが、今では法律も厳しいので安心して脱毛サロンへカウンセリングへ行っても大丈夫です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る