用途に合わせて選ぶベストサイズのオリジナルタオル

普段使っているオリジナルタオルには様々な大きさがあります。自宅の中ではどれを使っても自由で他人から見られて変に思われる事も無く、自由気ままに使い回す事が出来るのですが、外出時はそうもいきません。そこで用途に応じたベストなオリジナルタオルのサイズとはどの程度のものか、考えてみましょう。

汗をかく外出時に便利なハンド用オリジナルタオル

営業の外回りやロードワークを始めとした屋外での運動の際、持参に困らないサイズかつ利用に大変便利なのがハンド用オリジナルタオルです。片手で適度な大きさに折り畳み、顔や首筋を始め汗が溜まった部位を的確に拭き取る事が出来ますから、特に暑くなる夏場の外出時には欠かせないアイテムですよね。それこそ手の平大の大きさのフェイス用用オリジナルタオルやハンカチでも代用は可能なのですが、特に大量に汗をかく汗っかきの体質の人にとっては役不足となりがちで、より大きなボリュームを持つハンド用オリジナルタオルの方が信頼度が高く安心なのです。またスポーツやアウトドアの際、常に汗をかく段階となっていちいち取り出すのが面倒になった時、ハンド用オリジナルタオルの適度な長さが首に掛けて利用するのに大変便利なのです。フェイス用オリジナルタオルやハンカチではしっかり首に掛けられず、常に仕舞う場所に気を使わなければなりません。

温泉入浴に欠かせない吸水性の高いお風呂用オリジナルタオル

たまの遠出で本格的な日帰り温泉入浴を楽しむという人にとって快適な湯上りを約束してくれるのが、肌当たり良くしっかりお湯や汗を吸収してくれる吸水性に優れるお風呂用オリジナルタオルです。お風呂用オリジナルタオルの中には素材的に水分を吸収し難く肌触りの硬いタイプがあります。廉価品や贈答品の中に比較的多く見られるのですが、この用途にピッタリな素材のオリジナルタオルを選ぶのであれば、無理して通販に頼らず、直接店頭で肌触りをチェックして購入した方が確実でしょう。お風呂用オリジナルタオルの素材にはコットンやポリエステル等の化繊がありますが、肌当たりを重視するなら前者を、また吸水性や速乾性を重視するのが一般的です。左右の肩を通して均等に掛け腰に達する程の長さを持つ位のボリュームがあれば、お湯だけでなく湯上り直後に吹き出してくる汗も余裕を持って拭き取る事が出来る筈です。もちろんプール上がりにも便利に利用出来ます。

ハンド用オリジナルタオルで目立つのが困る場面ならフェイス用オリジナルタオルの出番

汗を頻繁にかく緊張のビジネスシーンや中々デスクを離れられずエアコンの効きが悪いオフィス内等、ハンド用オリジナルタオル程度のサイズを利用するのが少々場違いに感じられるシーンなら、より小さく目立たないフェイス用オリジナルタオルの出番となります。得てしてハンド用オリジナルタオルが必要となる程の汗をかかないケースが多いですから、フェイス用オリジナルタオルでも十分に役目を果たしてくれる筈です。またこうしたシーンではあまり目立つデザインやカラーも違和感を生じさせるだけですから、なるべくシンプルなデザインのフェイス用オリジナルタオルを選ぶのがベターでしょう。ちなみにこの程度の大きさであれば、目が疲れた際に給湯室でお湯を掛けて絞りホットパック代わりとして活用する事も出来る等、中々便利です。

コメントは受け付けていません。